賃金の支払いの形には、月給制・週給制・時間給制・日給制などがあります。

日給がいくらという仕事
日給がいくらという仕事

1日〇〇〇円などとある日給制について

賃金の支払いの形には、月給制・週給制・時間給制・日給制などがあります。短期の1日のみのアルバイトなんかは、1日1万円などと記載して求人している情報が多いですよね。その1日1万円という賃金の形態は、日給制の賃金支払い方法です。日給制の給料は時給で計算してみると割高のところが多く感じます。なので、アルバイトを掛け持ちしている人や1日で効率よくお金を稼ぎたい人にはおすすめな賃金形態だといえます。

日給制とは、1日を単位として金額が決まり、勤務した日数に対して賃金を支払う制度です。日給制ということで1日1日の度に給料を支払われるように感じますが、なかには週毎や月毎で支払われるケースもあるようです。また、日給制は一見、給料がよく思えますが、欠勤や遅刻などが起きた場合、月給制の給料と違い不安定になるという欠点があります。出勤した日数の給料なので仕方がないですね。その為、最近では多くの企業が日給制ではなく月給制を取り入れています。

しかし、建築業や土木業などの野外で行われる仕事は天候によって働けたり働けなかったりと左右されるので、まだまだ日給制が選ばれています。無用なコストが発生しないのでそういう雇い主にとって日給制はメリットのようです。