会社が規定する給料の支払い形態には、月給制、日給月給制、時給制、そして、日給制などがあります。

日給がいくらという仕事
日給がいくらという仕事

日給はわかりやすい給料形態かも

会社が規定する給料の支払い形態には、月給制、日給月給制、時給制、そして、日給制などがあります。日給制の工事現場などでは、その日にお金が支払われることも多いようです。生活の苦しい人にとってはありがたい話でもあり、わかりやすい支払い方法です。ここ最近景気がよくなったと思われがちですが、その日食べることにも事欠く生活困窮者がまだまだ驚くほど多いのが現実です。

時給制だと、自分の働いた時間での計算が必要となりますし、日給月給制も出勤日計算がちょっと複雑。月給制は稼働日に係らず安定しているものの、お給料日までは支払われないから待ち遠しいところです。日給では、多少遅刻しても引かれることもなさそうですが、逆に残業しても加算されないのは辛いかもしれませんね。

日給で当日払いなら、仕事へのモチベーションが下がった時にはためらいなく辞めることも簡単でしょう。つまり、日給払いの会社で働くことはそれほど責任やしがらみに束縛されることもないのでしょう。会社によって支払い方法や計算方法が違うのは不思議ですが、いずれにしろ日給というのは、支払う側にとっても受け取る側にとっても明瞭な計算方法ではないかと感じます。その日の作業をひとまとめに値付けするという具合ですね。