日給とは1日あたりの給料が決まっていて、働いた日数分給料を受け取る制度です。

日給がいくらという仕事
日給がいくらという仕事

日給の仕組みや業種について

日給とは1日あたりの給料が決まっていて、働いた日数分給料を受け取る制度です。1日毎に給料を受け取る方法もありますが、最も多いのは月単位で働いた日数分まとめて受け取る日給月給です。当然働いた分の給料になるので、その月に休みが多ければ給料は少なくなりますが、逆に言えば働いたら働いた分給料として返ってきます。

そんな日給という制度ですが、多い業種と言えば土木や建築業になります。平均的には1日1万円前後の仕事がほとんどですが、中には1日2万円以上も稼ぐ方もいます。なので体力に自信がある方で少々きつい仕事も平気なんて方は短期間で一気に稼ぐという働き方もできます。他には学生などに向いているのが、コンサートスタッフやイベントスタッフの仕事です。これはある限られた期間だけの仕事なので多くの給料は望めませんが、空いた時間を利用した仕事としてはとても良いと思います。

あと向き不向きはありますが、キャンペーンガールの仕事などもあります。華やかな仕事なのでファッションなどに興味のある女性などは経験してみてもいいですよね。今はインターネットでいろいろな仕事を探せる時代なので自分にピッタリな日給の仕事があるかもしれませんよ。